下半身ダイエットの効果を高めるお風呂の入り方

お風呂の入り方を変えることで、下半身ダイエットに効果を得ることができます。
お湯の温度は、ぬるいくらいの普段よりも少し低めのお湯をためます。

 

下半身には、女性器官がたくさんあるため、下半身が冷えることで女性器官を守るために余分な脂肪がつきやすくなります。

 

お湯が溜まったら、ゆっくりとお湯に入りひざ下、太ももと浸かっていきます。
足が温まってから腰までつかります。30分程度かけてゆっくりと浸かることがポイントになります。

 

その後、全身お湯に浸かり、体を温めます。温まることで、毛細血管が広がり、水圧が静脈の流れを助けてくれるため血行が良くなり、代謝が上がります。

 

血行が良くなると脂肪が燃焼されやすくなるため、下半身ダイエットには効果的です。
また、体の老廃物が排出されるため肌もキレイになることができます。入浴時にハーブや入浴剤を使うことでさらに発汗効果を上げることができます。
ハーブや入浴剤を使用する際には、肌に刺激が無い程度のものを使用します。
半身浴を長時間行うと、体調を崩すこともあります。わかりづらくても汗をかいているため、喉が乾いていなくても10分に1度程度水分補給を行うなど十分に注意をすることです。

 

注目のダイエットドリンク&サプリセット